増えていくメダカと育っていく水草。大事に育てていきます

自宅で飼育していた金魚は屋台で釣った金魚で、飼育年数は十年ほどでした。コメットが強めの品種だったと思いますが、屋台で釣った金魚としては長生きした方だと思います。長寿だったためか、一匹が病気にかかってしまうと、あっという間に残りの金魚に伝染してしまい、十匹ほどの金魚がいた水槽は空っぽになってしまいました。

玄関先に置いていた水槽で、空っぽにしておくのはもったいないと思い、水草や流木などを設置するアクアリウムを考えましたが、やはり生き物がいた方が良いだろうということで比較的、飼育が容易だというメダカを飼ってみることにしました。

幸いなことに近くにメダカを飼育している知人がおり、数匹ほど分けて貰うことになりました。それから数年も経てば、本当に飼育が容易なメダカはすくすく育ち、産卵も行ってくれたこともあり、現在の飼育数はざっと数えるだけで30匹近くになります。

水替えは夏場は特に回数を多めにしなければなりませんが、暑すぎたため、人間の勝手ではありますが、あまりこまめに行っていませんでした。最近は暑さも少しではありますが和らぐ日があり、先日、一気に増殖した水草をトリミングすると同時に水替えを行いました。

トリミングを行ったのはウォーターマッシュルームという水草でした。根がびっしりと伸びており、ある程度、水の中で土などを落とし、ザクザクとハサミで大雑把にトリミングを行いました。この水草はとにかく育つスピードが夏場になると早く、よく増えるので育てやすい水草です。

7~8年ほど前に300円ほどで購入したのですが、まさかこんなに育ってくれるとは思っておらず、今では育ちすぎて困っているほどです。メダカもよく増えてくれますが、水草も負けていません。メダカの場合は違う血も入れてあげなければ衰退していくかもしれませんが、水草はこれからも干乾びてしまわない限りは増え続けてくれるのだろうと思っています。

クレジットカード・ETCカードを年会費無料で作るおすすめの方法

保存

保存